中継機能の設定方法(WHR-300HP2/WHR-600D/WHR-1166DHP)

公開日:

更新日:

ID: 15091

Q

詳細

中継機能の設定方法

対象商品

WHR-300HP2

WHR-600D

WHR-1166DHP

A

動画で確認する

動画版はテキスト版とは手順が異なりますが、接続可能です。

動画の操作方法

早送り →キー 再生速度 動画再生中にオンマウスで右下に表示される歯車アイコンで設定
巻戻し ←キー 一時停止 動画再生中に画面上でクリック
ジャンプ 1,2,3・・9 キー 再生 一時停止中に画面上でクリック
参考動画

テキスト版で確認する

1. 現在お使いのWi-Fiルーター(以下、親機)に、お使いの機器(PC、携帯端末など)を接続してインターネットに接続できることを確認します。

2. 親機の近くに中継機として利用する商品(以下、中継機)を置きます。

3. 中継機の背面のスイッチをBridge(ブリッジ)に変更し、中継機の電源を入れます。

ランプが正常になるまで1分ほどお待ちください。

4. 設定用パソコンのIPアドレスを192.168.11.xxx(例 192.168.11.135)に固定します。

5. 中継機と設定用パソコンをLANケーブルで接続します。

設定用のPCの無線機能が[有効]の場合、一旦[無効]にしてからLANケーブルを接続します。

中継機と設定用パソコンをLANケーブルで接続できない場合

PCにLANポートがない場合や設置場所の関係から、中継機と設定用PCをLANケーブルで接続できない場合は、中継機と設定用パソコンをできるだけ近い場所に置き、無線で接続します。

接続方法は下記を参照してください。

6. Webブラウザー(Internet Explorerなど)を起動し、アドレス欄に192.168.11.100」と入力します。

7. ログイン画面が表示されたら、ユーザー名欄に「admin」、パスワード欄に「password」を入力し、[OK]をクリックします。

パスワードを変更した場合は、変更後のパスワードを入力します

8. 設定画面が表示されたら、[無線設定]を選択します。

9. [WDS]を選択します。

WDSの項目がない場合、設定がルーターモードになっています。背面のスイッチをBridgeに変更してください。

10. リピーター機能(WDS)の「使用する」にチェックを入れ、接続方法を選択します。

AOSS

バッファロー製Wi-Fiルーターを利用する場合

WPS

他社のWPSに対応Wi-Fiルーターと接続する場合

手動設定

検索して接続する場合

11. 中継機のワイヤレスランプが2回周期で点滅→点灯 に変われば、接続は成功です。

12. 手順4で固定した設定用パソコンのIPアドレスを「自動取得」に戻します。

13. 設定用パソコンを無線で接続させたい場合は、設定用パソコンと中継機を接続しているLANケーブルを取り外します。

14. 中継機を設置したい場所に移動させます。

コンセントを一旦抜き、差し直しても設定は変更されません

AOSSによる中継機設定後のSSID・暗号化キーについて

中継機のSSIDは、親機のSSIDに枝番が付いたもの(例 親機SSID-1)になります。
(枝番が付かず、親機と同じSSIDになる場合もあります)

親機はマルチSSIDになり、既存のSSID以外に中継機と同じ枝番付きSSIDが追加設定されます。
(親機と同じSSIDになる場合は追加されません)

中継機の暗号化キーは、親機と同じものになります。

WPSによる中継機設定後のSSID・暗号化キーについて

中継機のSSIDは、親機のSSIDと同じものになります。

中継機の暗号化キーは、親機と同じものになります。

このご質問の対象となる商品・OS・接続機器を表示

商品

OS・接続機器