NAS Navigator2でTeraStation/LinkStationのIPアドレスが変更できません

公開日:

更新日:

ID: 15611

Q

NAS Navigator2でTeraStation/LinkStationのIPアドレスが変更できません

対象商品

本ページ末尾の『このご質問の対象となる「商品・OS・接続機器」を表示』をクリックして確認してください。

A

NAS Navigator2でTeraStation/LinkStationのIPアドレスが変更できない場合、下記方法をお試しください。


1.セキュリティソフトを停止してから行う

Nas Navigator2がインストールされているパソコンに常駐しているセキュリティソフトを一旦停止し、再度IPアドレスが変更できるようになるかご確認ください。

ウイルスバスター

ウイルスバスター クラウドは、パーソナルファイアウォール機能がないため、操作は不要です。

1.画面右下のタスクトレイ内に表示される"ウイルスバスター"のアイコンを右クリックし、メイン画面を起動します。

2."パーソナルファイアウォール"を無効にします。

無線接続の設定が完了した後、ファイアウォール機能を有効に戻す場合は、同様の手順で"パーソナルファイアウォール"を有効にします。

ノートン・インターネットセキュリティ

1.画面右下のタスクトレイ内に表示される"Norton Internet Security"のアイコンを右クリックし、[スマートファイアウォールを無効にする]をクリックします。

2.[セキュリティ要求]ウィンドウの[期間を選択してください。]ドロップダウンリストでスマートファイアウォールをオフにする期間を選択します。

3.[OK]をクリックします。

無線接続の設定が完了した後、ファイアウォール機能を有効に戻す場合は、タスクトレイ内に表示される"Norton Internet Security"のアイコンを右クリックし、[スマートファイアウォールを有効にする]をクリックします。

カスペルスキーインターネットセキュリティ

1.画面右下のタスクトレイ内に表示される"カスペルスキーインターネットセキュリティ"のアイコンを右クリックし、[保護機能の一時停止]をクリックします。

2.「一時停止」を選択し、「保護機能の一時停止」をクリックします。

無線接続の設定が完了した後、ファイアウォール機能を有効に戻す場合は、画面右下のタスクトレイ内に表示される"カスペルスキーインターネットセキュリティ"のアイコンをクリックし、セキュリティインジケーターをクリックし、保護機能の[再開]をクリックします。

ウイルスセキュリティZERO

1.画面右下のタスクトレイ内に表示される"ウイルスセキュリティ"のアイコンを右クリックし、[設定とお知らせ]をクリックします。

2."不正侵入を防ぐ"からファイアウォールの設定を無効(開放)にします。

無線接続の設定が完了した後、ファイアウォール機能を有効に戻す場合は、パソコンを再起動してください。

マカフィー・インターネットセキュリティ

1.画面右下のタスクトレイ内に表示されるマカフィー・インターネットセキュリティのアイコンをダブルクリックします。

2.[Webと電子メールの保護]をクリックします。

3.[ファイアウォール]リンクをクリックします。

4.[ファイアウォール オプション] ウィンドウで、[オフにする] ボタンをクリックします。

5.再開時間を選択し、[オフにする] をクリックします。

無線接続の設定が完了した後、ファイアウォール機能を有効に戻す場合は、同様の手順でファイアウォールの設定を有効(オン)にします。


2.商品の設定画面からIPアドレス変更を行う

1.商品のIPアドレスを確認します

1) 商品とパソコンをLANケーブルで直接接続します。
2) NasNavigator2を起動します。
3) IPアドレスとサブネットマスクを確認します。

2.パソコンのIPアドレスを確認します。

3.商品とパソコンが同じネットワーク内になっているか確認します。

商品とパソコンが同じネットワークになっていない場合は、パソコンのIPアドレスを変更します。

4.設定画面を表示します。

5.設定画面で商品のIPアドレスを変更します。

LS700、LS700DNBシリーズの場合

1)設定画面で[ネットワーク]をクリックします。

2)「IPアドレス」の横にある設定アイコン(※図1)をクリックします。

※図1

3)[編集]をクリックします。

4)「DHCP」の下のチェックマークを外し、IPアドレスおよびサブネットマスクを入力します。

5)「次のポートのゲートウェイ設定を使用する」、「次のDNS設定を使用する」に「ユーザー定義」を選択し、デフォルトゲートウェイ、DNSサーバーのアドレスを入力します。

6)完了したら[OK]をクリックします。

LS500、LS500DNBシリーズの場合

1) 設定画面で[環境設定] (※図3)をクリックします。

環境設定

※図3

※ 画像はLS500シリーズの例です

2)[ネットワーク] をクリックします。

※ 画像はLS500シリーズの例です

3)[ネットワーク設定] タブをクリックし [手動設定] を選択します。

※ 画像はLS500シリーズの例です

4)[手動設定]を選択し、任意のネットワークアドレス設定を入力して、[適用] をクリックします。

※ 画像はLS500シリーズの例です


TS6000、TS3020、TS5010、TS3010シリーズの場合

TS5010、TS3010でVer.4.00より以前のファームウェアをお使いの場合は以下のタブを選択して確認ください。

1)[ネットワーク] をクリックし、[IPアドレス] の横にある設定アイコン(※図1)をクリックします。

2)[編集]をクリックします。

3)「DHCP」の下のチェックマークを外し、IPアドレスおよびサブネットマスクを入力します。

4)「ゲートウェイ設定を使用するLANポート」、「次のDNS設定を使用する」に「ユーザー定義」を選択し、デフォルトゲートウェイ、DNSサーバーのアドレスを入力します。

5)OKをクリックします。


LS400、LS200、TS5000、TS3000、TS1000シリーズの場合

1)[ネットワーク] をクリックし、[IPアドレス] の横にあるアイコン(※図1)をクリックします。

2) IPアドレスを変更するLAN端子をクリックします。

3)[DHCP]を[無効にする]に変更し、IPアドレスおよびサブネットマスクを入力します。

※ 画像はTS3000シリーズの例です

4)「ネットワーク共通設定」欄のデフォルトゲートウェイ、DNSサーバーアドレスを入力します。

※ 画像はTS3000シリーズの例です

5)OKをクリックします。


TS-2RZシリーズの場合

1)[ネットワーク] をクリックし、[IPアドレス] の横にあるアイコン(※図1)をクリックします。

2)IPアドレスを変更するLAN端子をクリックします。

3)[編集] をクリックします。

4)[DHCP]から[無効にする]を選択し、IPアドレスおよびサブネットマスクを入力後、[OK]をクリックします。

6.手順3でIPアドレスを変更した場合は、同様の手順でIPアドレスを元に戻します。

以上

このご質問の対象となる商品・OS・接続機器を表示

商品

OS・接続機器