遠隔バックアップ

自然災害や大規模停電に備える

DFSレプリケーション / オンラインストレージ連携

インターネットを経由して遠隔地にレプリケーション先を設定したり、クラウド上に大事なデータをバックアップをとることはリスク分散にとても有効です。
自然災害や停電で拠点が機能しなくなった場合も、バックアップデータがあれば復旧が可能です。テラステーションのバックアップ機能を活かして重要データを強力に保護できる拡張機能をご紹介します。

ネットワーク経由で別地域のテラステーションにバックアップ

DFSレプリケーション

Windows 環境で構築するときにおすすめなのが、Windows Storage Server搭載テラステーションです。サーバーへのクライアントアクセスライセンス(CAL)不要で、低コストで手軽に導入できるメリットに加え、DFSレプリケーション機能により、遠隔地バックアップ環境も簡単に実現可能です。

Windows Storage Serverを搭載したテラステーションなら、ネットワーク経由で別地域にあるテラステーションに同期 / レプリケーションをとることができます。インターネットを経由して遠隔地にバックアップを用意することで、地震・洪水などの災害からもデータを守ることができます。

遠隔地でのレプリケーションを行う場合はVPNなどでセキュリティを確保し、実施して下さい。

ネットワーク環境によっては、バックアップに支障が出る場合があります。事前の評価検証を推奨致します。

本機能を利用するには、Windows Server 2003 R2 以降のActive Directory に参加している必要があります。また、2台の本商品が同一フォレストにある必要があります。

データをクラウド上に保存して大規模災害からも守る

オンラインストレージ連携

Amazon S3バックアップ

Amazon Simple Storage Service(Amazon S3) と共有フォルダーを連携する機能に対応したテラステーションもラインナップ。データをクラウド上に保存することで、大規模災害からも重要なデータを守ります。

Amazon S3 について、詳細はAmazon 社のウェブサイト をご覧下さい。

別途、Amazon S3 のアカウントをご用意する必要があります。

Amazon S3のご利用には別途料金がかかります。


※商品の利用方法に関してはサポートセンターにお問合せください。