データ復旧サービス
データ復旧サービス ≫ お役立ち情報 ≫ データ復旧コラム ≫ 外付けSSDが認識しない!データトラブルに陥った時のチェックポイントと対処法
  • twitter
  • はてなブックマーク
  • pocket

2022.04.28

外付けSSDが起動しない!認識しない!トラブル発生時のチェックポイントと対処法

外付けSSDが認識しない!データトラブルに陥った時のチェックポイントと対処法

HDD(ハードディスク)と比べて処理速度が速く、静音性にも優れているSSD。軽量・コンパクトで持ち運びにも便利なため、外付けSSDの利用者が年々増えています。当社データ復旧サービスでも、外付けSSDが起動しない、認識しない、認識はするがファイルが開けないなど、トラブルのご相談が増えています。外付けSSDが突然起動しなくなった時や、認識しなくなった時にどう対処すればいいのか、症状別のチェックポイントとおすすめの対処法をご紹介します。

SSDとHDDの違い

SSDの用途は基本的にHDD(ハードディスク)と同じですが、データを保存する仕組みが違います。HDDはプラッタと呼ばれる磁気ディスクにデータを保存しますが、SSDは複数の「フラッシュメモリーチップ」にデータを分散し、さらにその表面にある複数の「セル」にデータを分散させて保存します。このため、データが保存されているセルが損傷してしまうと、元のデータを読み出すことができなくなります。

SSDのフラッシュメモリーチップへのデータの読み書きは、「メモリーコントローラー」が制御しています。そのため、メモリーコントローラーに障害が起きた時にも、外付けSSDが起動できない、認識できないなどのトラブルが発生します。ただしこの場合は、フラッシュメモリーチップにデータが残っているため、データを救出〜復旧できる可能性があります。

よくある症状

外付けSSDが起動しない、認識しないトラブルには、主に以下のようなものがあります。それぞれのトラブルに対する対処法を「考えられる原因と対処法①〜④」にまとめましたので、症状にあわせてご対応ください。

パソコンにつないでも認識しない。外付けSSDの電源ランプも点灯しない。
パソコンにつなぐと外付けSSDの電源ランプが点灯するが、SSDを認識しない。
SSDは認識して画面に表示されるが、フォルダやファイルが開けない。
パソコンにつなぐと「フォーマットしてください」と表示される。
パソコンにつなぐと「アクセスできません」「アクセスが拒否されました」と表示される。

むやみにケーブルを抜き挿ししたり本体に衝撃を与えたりすると、状態が悪化して、データ復旧が難しくなる可能性がありますのでご注意ください。

原因と対処法①
外付けSSDの電源ランプが点灯しない時

外付けSSDの電源ランプが点灯しない場合

外付けSSDをパソコンにつないだ時にSSDが認識されない、本体のLEDランプも点灯していない。そんな時は、必要な電力が正しく供給されないために電源が入らず、起動できなくなっている可能性があります。以下を一つずつチェックしてみてください。

1. USBケーブルが緩んでいる・抜けている

USBケーブルが緩んでいる・抜けている

外付けSSDのUSB端子とパソコンのUSB端子をチェックして、USBケーブルが正しく接続されているか確認してください。もし緩んでいたらしっかりと奥まで挿し直すだけで解決するかもしれません。ただし何度も抜き挿しすると、状態が悪化することがあるのでご注意ください。

ケーブルの断線が原因でつながらない可能性もありますので、同じUSBケーブルを持っている場合は、ケーブルを交換してみてください。

2. パソコンからの電力供給不足

パソコンからの電力供給不足

パソコンのUSB端子は、抜き挿しの負荷や経年劣化などが原因で故障し、電力供給が不十分になることがあります。USB端子が複数ある場合は、他の端子に差し替えることで解決するかもしれません。別のパソコンに接続して、外付けSSDの電源ランプが点灯し、認識される場合は、USB端子が原因の可能性大です。

複数のUSB機器を接続している場合は、それが原因で供給電力が不足し、外付けSSDが起動・認識しなくなっている可能性があります。他の機器を外して、外付けSSDだけを接続してみてください。

3. USBハブからの電力供給不足

USBハブからの電力供給不足

USBハブを使っている場合は、USBハブの本体やACアダプターに問題があるかもしれません。USBハブを経由せずに、外付けSSDを直接パソコンに接続してみてください。

4. 外付けSSD本体の故障

USBハブからの電力供給不足

1〜3を試しても外付けSSDが起動・認識せず電源ランプが点灯しない場合は、外付けSSDが故障している可能性があります。パソコンから取り外して、メーカーにご相談ください。

外付けSSDが故障して動かなくなっても、多くの場合、フラッシュメモリーチップ上にデータが残っています。当社データ復旧サービスにて、データを読み出し、復旧できる可能性がありますので、一度ご相談ください。メーカーで修理すると、多くの場合内蔵SSDの交換となり、修理前に保存されていたデータは復旧できなくなりますので、必ず修理の前にお問い合わせください。

修理前にデータ復旧が必要な理由

原因と対処法②
外付けSSDの電源ランプは点灯しているのに認識しない時

外付けSSDの電源ランプが点灯している場合

外付けSSDの電源ランプが点灯しているのに起動できない、認識できない原因としては、他の周辺機器の影響、データの破損、SSDの故障、パソコンのデバイスドライバー不良などが考えられます。以下を参考に対処してください。

1. 他の周辺機器の影響

他の周辺機器の影響

他の周辺機器を追加した後に外付けSSDが認識されなくなった場合は、追加した周辺機器のドライバーが影響しているかもしれません。追加した機器を取り外して、以前の状態で外付けSSDを接続してみてください。これで認識する場合は、以下の対処法で解決する可能性があります。

・USB端子が複数ある場合は、他の端子に挿してみる。
・周辺機器のドライバーを最新にする。
・周辺機器のドライバーを削除して再インストールする。

2. 外付けSSD本体の故障

本体のLEDランプが正しく点灯しているのに外付けSSDが起動・認識しない場合は、フラッシュメモリーチップやメモリーコントローラーなどの電子部品の故障(物理障害)の可能性があります。念のため、「原因と対処法① 外付けSSDの電源ランプが点灯しない場合」の各項目をチェックし、解決しない場合はすぐにパソコンから取り外して、メーカーにご相談ください。

外付けSSD本体の故障

物理障害が発生してパソコンで認識できないSSDでも、多くの場合、フラッシュメモリーチップ上にデータが残っています。当社データ復旧サービスでデータを読み出し、復旧できる可能性がありますので、一度ご相談ください。メーカーで修理すると、多くの場合新品の製品に交換となり、修理前に保存されていたデータは復旧できなくなりますので、必ず修理の前にお問い合わせください。

【かんたん解説】SSDとは?HDDとの違いは?
物理障害発生!やってはいけないこととポイント
修理前にデータ復旧が必要な理由

3. パソコンのデバイスドライバー不良

パソコンのデバイスドライバー不良

Window 10のパソコンでは、システムの改善やセキュリティの強化のために、定期的にWindows Updateという更新プログラムを実行します。Windows Update後に外付けSSDを認識しなくなった場合は、外付けSSD用のドライバーが認識されなくなっている可能性があります。アプリのインストールなど通常の作業をしただけでも、ドライバーが破損して外付けSSDが認識されなくなることがあります。以下の方法で、外付けSSDのドライバーの状態をご確認ください。

デバイスドライバーの状態を確認する方法

外付けSSDがパソコンに認識されているかどうかは、Windows 10に標準搭載されているデバイスマネージャーで確認できます。

①画面左下のWindowsマークを右クリックして、デバイスマネージャーを選択します。

②「ディスクドライブ」をクリックして、外付けSSDが認識されているかどうか確認します。

正しく認識されている場合は、ディスクドライブの欄に外付けSSDの機器名が表示されます。機器名が表示されていない場合や、機器名の前に「!」マークが付いている場合は、以下のどれかの対処が必要です。

・ドライバーを再インストールする。
・更新プログラムをアンインストールする。
・システムの復元を実行する。
・初期状態に戻す。

ドライバーを再インストールする場合は、使用されている外付けSSDの取扱説明書またはメーカーサイトのサポートページを参照してください。更新プログラムのアンインストール、システムの復元、初期状態へのリセットは、以下のページをご参照ください。

パソコンが青い画面になって起動しない!ブルースクリーンの原因と対処法

システムの復元や初期状態に戻す作業を行うと、パソコンに保存されているデータは削除されます。更新プログラムのアンインストールも、失敗するとパソコンのデータを失う可能性があります。パソコンに重要なデータが保存してある場合は、作業前に必ずデータのバックアップをとってください。

バックアップを行おう

原因と対処法③
外付けSSDは認識するがフォルダやファイルが開けない時

外付けSSDが認識されていて、アイコンも画面に表示されているのに、保存データにアクセスできず、フォルダが開けない、ファイルが開けないなどの症状が発生することがあります。この場合、データの破損(論理障害)の可能性があります。論理障害の中でも特に多いのがファイルシステム障害です。ファイルシステムを修復することでデータを復旧できる可能性がありますので、一度当社データ復旧サービスにご相談ください。

データ復旧の必要がない場合は、以下の対処法をお試しください。

1. Window10の自動修復機能を実行する

外付けSSDの論理障害は、Windows10の修復機能を実行することで解決できる可能性があります。ただし、この操作を実行して解決しない場合は、状態がさらに悪化してしまう可能性がありますのでご注意ください。

自動修復機能を実行する方法

①エクスプローラーで外付けSSDを表示し、右クリックして、「プロパティ」を選びます。

②「ツール」タブを開き、エラーチェックの「チェック」ボタンを押します。

③ドライブのスキャンと修復をクリックすると、エラーチェックと修復が実行されます。

2. SSDをフォーマットする

外付けSSDの論理障害は、SSDをフォーマットすることで解決できる場合があります。バッファローでは、外付けHDD/SSD/USBメモリーをフォーマットするためのソフトウェア「DiskFormatter2」を無料で配布していますので、以下のページを参考にソフトウェアをダウンロードし、フォーマットを実行してください。

ただしフォーマットを実行すると、保存してあったデータは削除されてしまいますのでご注意ください。

<DiskFormatter2でフォーマットする方法>

論理障害とは?適切な対処で問題を解決

原因と対処法④
「フォーマットしてください」などのアラートが表示される時

パソコンのデバイスドライバー不良

外付けSSDを接続してもアイコンが表示されず、「フォーマットしてください」などのアラートが表示される時にも、ファイルシステムの破損(論理障害)の可能性があります。破損したファイルシステムを修復することでデータを復旧できる可能性がありますので、一度当社データ復旧サービスにご相談ください。指示に従ってフォーマットを実行してしまうと、すべてのデータが削除されてしまいますので、必要なデータが保存されている場合は絶対に実行しないでください。

論理障害は以下の方法で解決できる可能性があります。
データ復旧の必要がない場合は一度お試しください。

1. パソコンのデバイスドライバーを更新する
2. Window10の自動修復機能を実行する
3. SSDをフォーマットする

SSDトラブル時にやってはいけないこと

外付けSSDは、起動できない、認識されないなどのトラブルが発生しても多くの場合、SSDのフラッシュメモリーチップ上にデータが残っています。大事なデータが保存されている外付けSSDが認識しなくなった時は、すぐに使用を止めてパソコンから取り外し、データ復旧業者にご相談されることをおすすめします。

焦ってなんとかしようとすると、かえって状況が悪化し、データ復旧が難しくなる可能性がありますので、以下のような対処は決してしないようにしてください。

× ケーブルの抜き差しを繰り返す。
× パソコンに接続したまま放置する。
× 叩くなどして衝撃を与える。
× 分解する。
× 市販の修復ソフトやデータ復旧ソフトを使う。
× フォーマットする。

修理前にデータ復旧が必要な理由

記録メディアの修理が必要な場合、多くの方がメーカーや修理業者に依頼します。ここで一つ覚えておいていただきたいのは、記録メディアを修理すると、内部のデータがすべて初期化され、購入時の状態に戻されてしまう場合があるということです。依頼の前にサービスの適用範囲や注意事項をしっかり確認し、リスクを理解した上で修理に出してください。

記録メディアに重要なデータが保存してあった場合は、修理を依頼する前にデータ復旧業者にご相談いただき、データの安全を確保しておくことをおすすめします。故障して認識されない状態でも、保存されているデータが残っていれば、取り出して復旧できる可能性があります。

  • facebook
  • twitter
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • バッファロー正規 データ復旧サービス
  • 故障予測サービス 「みまもり合図」