発売時期:

RUF2-HSC-TMシリーズ

RUF2-HSC-TM/L1

JANコード: 4981254165867

特長

ライセンス延長パックの概要

ウイルスチェック機能付きセキュリティーUSBメモリー/ポータブルHDDのウイルスパターンファイルの自動更新機能を1年間延長するライセンスパックです。

延長パックで2年目以降のパターンファイル更新ができて安心

ウィルスチェック機能付きセキュリティーUSBメモリー/ポータブルHDDのウィルスパターンファイルの自動更新は1年間となります。延長パックを購入すれば、2年目以降もこれまでどおりの自動更新が継続でき安心です。

1ライセンス934円(税抜)。明瞭な価格設定

ライセンス延長パックは、1年間のウィルスパターンファイルの自動更新の延長をお手頃な価格で実現。1ライセンスあたり934円(税抜)の明瞭な価格設定で安心です。

手軽な1ライセンス版と、大量導入に最適な複数ライセンス版から選べる

1ライセンス単位で購入できるRUF2-HSC-TM/L1と、大量のライセンスを導入できる複数ライセンス版のRUF2-HSC-TM/LFから選べます。複数ライセンス版は10ライセンス以上1ライセンス単位で購入可能で、大量導入時に導入しやすいよう共通の更新キーでの設定が可能です。
延長の手順や登録期間などについては1ライセンス版複数ライセンス版それぞれの詳細情報ページをご覧下さい。

販売方法 購入可能単位 購入単位 更新キー 購入後の
登録有効期間
1ライセンス版 通常商品と
同じ
1ライセンスより 1ライセンス 各ライセンスごとに異なる なし
複数ライセンス版 受注生産 10ライセンスより 1ライセンス 共通の更新キーを使用 1年+90日
(登録後)

1ライセンス版詳細

1ライセンス版とは

1ライセンス分の12桁の“更新キー”が同梱されています。
1ライセンスにつき、1台のUSBメモリーで登録できます。

ライセンス延長の手順

ライセンス更新の対象となるUSBメモリーとインターネットで接続されたパソコンが必要です。パソコンに対象のUSBメモリーを挿入し、USBメモリー内のpassword.exe(※)を起動し、ライセンス更新ボタンをクリック。Webブラウザー上から更新キーを入力するだけの簡単ステップ。どなたでも安心して延長作業を行えます。

password.exeをVer.1.70以上にアップグレードする必要があります。

ライセンス延長パックの登録期間

ライセンス延長パックは、いつ購入していただいてもかまいませんが、延長登録は、パターンファイルの自動更新有効期間が終了日の90日前からとなります。登録推奨期間内(自動更新有効期間終了の90日以内)にご登録していただきますと、自動的に有効期限終了から1年間のパターンファイル自動更新が開始されます。

更新期限の90日前よりpassword.exeに更新キーを入力するボタンが現れます。

更新期限の30日前より期限を案内するポップアップが表示されます。

自動更新期限が切れてからの延長登録も可能ですが、登録するまでは、パターンファイルが更新されません。その期間、最新のウイルスから無防備になりますので、延長登録可能日から90日以内の登録をおすすめします。
また、更新期限が切れてからの延長登録は、延長登録日より1年間となります。

ライセンスをまとめ買いして一度に複数年の登録をすることはできません。

延長登録の流れ
登録例

ウイルスの脅威から確実に守るために

事前の登録期間(3ヶ月前より)を逃すと自動更新なしの状態となりウイルスの脅威にさらされてしまいます。 自動更新終了前にお早めのライセンス延長をおすすめします。

購入方法

マニュアル

複数ライセンス版詳細

複数ライセンス版とは

複数ライセンス分を更新管理する管理画面にログインできるライセンス登録キーが同梱されています。
購入したライセンス数と同じ台数のUSBメモリーを登録することができます。

複数ライセンス版は共通の更新キーを使って登録いたします。

複数ライセンス版は登録後1年+90日間、ご使用いただけます

複数ライセンス版の登録可能期間は、登録後1年と90日以内となっております。有効期限を過ぎますと、残ったライセンスはご登録いただけませんのでご注意ください。

ライセンス延長の手順

1. 新規管理アカウントを取得し、商品用更新キーを入手する

延長パックに含まれているライセンス登録キーを使用して、新規でライセンス管理アカウントを取得します。管理画面にログインすると個別製品のライセンスを更新するための更新キーを生成できます。
また、管理画面からは複数のUSBメモリーの更新状況を管理することが可能です。

管理画面でできること

購入したライセンス数、更新したセキュリティーUSBメモリーの数、ライセンスの有効登録期間を一覧して管理することが可能です。

2. 更新キーを社内に配布する

ライセンス管理画面で入手した更新キーを社内に配布します。メールやイントラネット、書面などで更新キーを配布し、ユーザー自身で延長登録を行うこともできますし、管理者がUSBメモリーを回収し登録作業が行うこともできます。

3. USBメモリーの延長登録作業

ライセンス更新の対象となるUSBメモリーとインターネットで接続されたパソコンが必要です。パソコンに対象のUSBメモリーを挿入し、USBメモリー内のpassword.exe(※)を起動し、ライセンス更新ボタンをクリック。Webブラウザー上から更新キーを入力するだけの簡単ステップ。どなたでも安心して延長作業を行えます。

password.exeをVer.1.70以上にアップグレードする必要があります。

ライセンス延長パックの登録期間

ライセンス延長パックは、いつ購入していただいてもかまいませんが、延長登録は、パターンファイルの自動更新有効期間が終了日の90日前からとなります。登録推奨期間内(自動更新有効期間終了の90日以内)にご登録していただきますと、自動的に有効期限終了から1年間のパターンファイル自動更新が開始されます。

更新期限の90日前よりpassword.exeに更新キーを入力するボタンが現れます。

更新期限の30日前より期限を案内するポップアップが表示されます。

自動更新期限が切れてからの延長登録も可能ですが、登録するまでは、パターンファイルが更新されません。その期間、最新のウイルスから無防備になりますので、延長登録可能日から90日以内の登録をおすすめします。
また、更新期限が切れてからの延長登録は、延長登録日より1年間となります。

ライセンスをまとめ買いして一度に複数年の登録をすることはできません。

延長登録の流れ
登録例

ウイルスの脅威から確実に守るために

事前の登録期間(3ヶ月前より)を逃すと自動更新なしの状態となりウイルスの脅威にさらされてしまいます。 自動更新終了前にお早めのライセンス延長をおすすめします。

購入方法

マニュアル

購入方法

1ライセンス版の購入について

USBメモリーやポータブルHDDと同様、小売店や通信販売でご購入いただけます。

複数ライセンス版の購入について

複数ライセンス版は受注生産となります。代理店・販売店、一般小売店、通販サイトなどで必要ライセンス数を注文ください。弊社でのアカウント発行作業が必要となります。

代理店・販売店から購入

販売店によっては後日、お客様の商品引取りが必要となる場合もございます。

通販サイトで購入

外観・寸法・各部名称・写真ダウンロード

ラインナップ

スペック 型番 価格 JANコード

複数ライセンス版

RUF2-HSC-TM/LF
4981254165874

1ライセンス版

RUF2-HSC-TM/L1
4981254165867