複数のLinkStation/TeraStationにWebアクセスする方法(ポート変換利用)1

公開日:

更新日:

ID: 15889

Q

外出先から、自宅に設置されている複数のLinkStation/TeraStationにアクセスしたいです。(ポート変換利用)

A

ルーターのUPnPを利用せず、ポート変換の機能を利用してWebアクセス設定を行う方法を案内します。


1. 各LinkStation/TeraStationのIPアドレスを固定する

WebアクセスしたいすべてのLinkStation/TeraStationのIPアドレスを固定します。

1. デスクトップ画面の[BUFFALO NAS Navigator2]アイコンをダブルクリックし、NAS Navigator2を起動します。

2. IPアドレスを設定したいLinkStation/TeraStationのアイコンを右クリックし、[プロパティー]をクリックします。

3. [IPアドレス]タブをクリックします。

4. 下記のように設定し、[OK]をクリックします。

IPアドレスを自動的に取得する

チェックを外す

IPアドレス

192.168.11.91(※)

サブネットマスク

255.255.255.0

デフォルトゲートウェイ

192.168.11.1
(ルーターのIPアドレス)

2台目は192.168.11.92、3台目は192.168.11.93 と順に設定します。

ルーターのIPアドレスが192.168.11.1の場合の値です。ご利用のネットワーク構成にあったIPアドレスを設定してください。


2. 各LinkStation/TeraStationにWebアクセスで使用するユーザーを登録する

各LinkStation/TeraStationに、それぞれアクセスしたいユーザーを登録します。

Webアクセスした際に、誰でも共有フォルダーをアクセス(閲覧)できるようにする場合はユーザーを作成する必要はありません。
セキュリティーの観点より、ユーザーを作成し、アクセス制限されることをお勧めします。

1. デスクトップ画面の[BUFFALO NAS Navigator2]アイコンをダブルクリックし、NAS Navigator2を起動します。

2. IPアドレスを設定したいLinkStationのアイコンを右クリックし、[Web設定を開く]をクリックします。

3. ホーム画面が表示されます。

LS700シリーズの場合

1) 管理者ユーザー名とパスワードを入力し、[OK]をクリックします。

管理者ユーザー名、パスワード初期設定

ユーザー名

admin

パスワード

password

2) 設定画面が表示されます

※ 画像は一例です

次の手順へ進んでください。

※ 画像は一例です(LS200、400)

ユーザー名とパスワードの入力画面が表示された場合は、LinkStationの初期設定で設定した管理者パスワードを入力し、 [OK]をクリックします。

初期パスワード

password

4. (詳細)設定画面で[ファイル共有]-[ユーザー]の横にある下記のアイコンをクリックします。

※図1

5. [ユーザーの作成]をクリックします。

6. ユーザー名など各項目を入力し、[OK]クリックします。

Windows 8をお使いの場合、Windows Live IDではなく、ローカルアカウント名でユーザー名を登録してください。

ユーザーID が空欄の場合、自動的にユーザーID が割り当てられます。
手動でユーザーID を設定するときは、手動で1000 ~ 1999の間の番号を他のユーザーと重複しないよう設定します。

ユーザー単位で使用可能な容量を制限する場合は、クオータで[有効にする]を選択し、使用可能な容量を設定します。

Windowsのネットワークログイン時のユーザー名、パスワー ドと同じユーザー名、パスワードにしてください。
異なる場合、アクセス制限を設定した共有フォルダーにアクセスできません。
また、Windowsでは、 ネットワークログイン名が異なっていた場合、ユーザー名とパスワードを入力する画面が表示されますが、入力しても共有フォルダーにアクセスできません。
必ずこちらで設定したユーザー名、パスワードでWindows にログインしてください。

LinkStation/TeraStationの設定画面は開いたままにしておきます。


続いて、次の手順「3. ルーターにポート変換(ポート開放・アドレス変換)の設定を行う」に進んでください。

このご質問の対象となる商品・OS・接続機器を表示

商品

OS・接続機器