ご家庭でWi-Fiルーターをより安全にお使い頂くために

Wi-Fiルーターは一度設置すると、ずっとそのまま使い続けることが多い機器です。
しかし、Wi-Fiルーターのつながっているインターネットの世界は日に日に進化しており、便利になっていく反面、そこで発生する犯罪も増えているのが現状です。

ここでは、インターネット上での犯罪から、ご自身、ご家族を守るために、ご自身で行って頂くセキュリティー対策についてご紹介します。

目次

[ポイントその1] 最新ファームウェアでの運用

Wi-Fiルーターは、スマートフォン、PC、ゲーム機など接続する機器やISP(インターネット・サービス・プロバイダー)の通信方式の仕様変更等で、性能に影響をうける危険性があります。Wi-Fiルーターの日々報告される脆弱性問題に対してセキュリティを確保し十分な性能を発揮させるために、常に最新のファームウェアで運用しましょう。

「ファームウェア自動更新機能」対応商品で手間なく、安全に運用する

最新の当社商品は、自動でファームウェアを更新する機能を搭載しています。
当社が性能改善やセキュリティ対策されたファームウェアを公開すると、自動で更新されるため、常に最新状態でご利用頂けます。

脆弱性問題に関する更新プログラムの提供について

ご利用者の安全を脅かす脆弱性問題について、当社は修理・サポートの保証期間を超えても可能な限り対応いたしますが、それでもオペレーティングシステム等のサポート終了などの諸事情により、更新プログラムのご提供ができない場合もございます。長期間Wi-Fiルーターをご利用のユーザーの皆様におかれましては、 極力新しいWi-Fiルーターに買い替えて頂くことをお勧めいたします。

[ポイントその2] より安全なパスワードの設定

Wi-Fiルーターは、あらゆる通信端末をインターネットに接続する機器です。自動車を運転する際に安全のための点検が求められるのと同様に、Wi-Fiルーターでも不測の事態に備えて、ご自身でセキュリティを施す必要があります。特にパスワード設定は重要であり、初期設定値では簡単に特定されて外部から不正にアクセスされる危険性があるため、必ずランダムな英数字を使った複雑な個別のパスワードに変更しましょう。

はじめから個別のパスワードが設定された商品を使う

最新の当社商品は、出荷時から「管理画面へログインするためのパスワード」を、1台ごとにランダムな個別の英数字を設定しているものがあります。
従来の共通化された機種に比べ、より安全にご利用頂けます。

[ポイントその3] 買い替えるならコレ!DLPA推奨ルーター一覧

DLPA推奨ルーターとは

「ファームウェア自動更新機能」で最新ファームウェアへの自動更新に対応し、「管理画面へログインするためのパスワード」が1台ごとにランダムな個別の英数字が設定された商品です。

[ポイントその4] 家庭のネットワークを守る「ネット脅威ブロッカー」

より強力なセキュリティー対策を行うには、ルーターセキュリティー機能を搭載したモデルの導入をご検討ください。

家族のネットワークを守るネット脅威ブロッカー プレミアム

ベーシック+プレミアム機能1年間無料ライセンス

ご家庭にあるスマート家電をサイバー攻撃から守ります。
外部からの不正な遠隔操作や、マルウェア等によるパソコン内のデータ、防犯カメラの映像などの個人情報流出を防ぎます。また、ご家庭の機器が踏み台にされて他者の機器をDoS攻撃することからも防ぎます。
プレミアム機能はさらにお子様へ見せたくないサイトも設定可能。ネットを安心してご利用いただけます。

世界最高レベルのKaspersky社のセキュリティー脅威情報を用いてルーターに最適化したDiXiM Securityを採用しています。

無料期間終了後、有料にてライセンス更新可能です。
[ライセンス更新について]
1年 \2,980(税込)、2年 \4,980(税込)、3年 \5,980(税込)
での販売を予定しています。(2019年12月6日現在)
*今後、価格の変更、仕様の変更、バージョンアップ等により、内容の一部に変更が生じる可能性があります。

完全なセキュリティーを保証するものではありません。

「ネット脅威ブロッカー」搭載商品


DLPA(Digital Life Promotion Association)とは、デジタル技術の進歩により可能となる、新たなデジタル技術の活用形態を「デジタルライフ」と位置付け、そこでの利用者の利便性を守り、その健全な発展に寄与することを目的に平成22年2月に設立。デジタルライフの普及・促進および啓発活動やデジタルライフの実現に伴う基準・規格・ガイドラインの提案などを行う。