安定した無線LAN環境を守るために

ネットワーク管理ソフトウェアで、無線LANアクセスポイントをまとめて管理

教育委員会が地域の学校をまとめて管理。足並みをそろえてICT活用を推し進めることで、安定した学力と教育レベル向上の期待ができます。
バッファローの無線LANアクセスポイントでは、ネットワーク管理ソフトウェア「WLS-ADT」によって、各学校のアクセスポイントへの接続台数や利用状況の把握、障害の状況など、トラブルの状態も即座に知ることができ、迅速な対応が可能になります。

VPN不要のリモート管理※

これまで遠隔地からの無線LANアクセスポイントの管理では、拠点間のVPNなどの接続環境を構築する必要がありました。「WLS-ADT」ではVPNを必要とせず、インターネットに接続できる環境であれば管理・運用が可能になります。これにより、VPN機器や構築にかかる費用を大幅に削減できます。

各アクセスポイントからネットワーク管理ソフトウェアへの通信が正常に動作している必要があります。

無線LANアクセスポイント側ネットワークでお使いのルーター等にポート設定が必要になる場合があります。WLS-ADTは、インターネット側からアクセスできる環境が必要です。

対応無線LANアクセスポイント:WAPM-2133TR、WAPM-1750D、WAPM-1266R、WAPM-1266WDPR。

電波環境見える化で最適設定、障害原因の特定も容易に※

「電波環境見える化機能」により、全チャンネルの電波使用率、干渉波の有無、チャンネルの分布が表示でき、チャンネルの総合評価を算出しておすすめチャンネルも表示。導入前の事前確認に役立ちます。
また、使用チャンネルの状態や接続端末台数の推移も表示できるので、運用管理にも便利です。初期設定で1年分のログデータを保存でき、さらに一か月単位で取り出すエクスポート機能で、過去のデータをバックアップ可能。さらに、予期せぬ通信遮断などトラブル発生時には、状態を後から確認できるスナップショット機能にも対応。トラブル時の原因特定・問題解決につなげられます。

対応無線LANアクセスポイント:WAPM-2133TR、WAPM-1750D、WAPM-1266R、WAPM-1266WDPR。

電波干渉やレーダー波検知時の動作をお知らせする「メール通知機能」

電波干渉やレーダー波検知時の無線LANアクセスポイントの動作を管理者に通知する「メール通知機能」を搭載。メール通知により迅速な状況把握が可能となり、トラブルの発見、解決が行えます。

自治体様向け ネットワークソフトウェア

WLS-ADT/LW

¥248,000(税抜)

自治体様の導入に適したランニングコストのかからない長期保証の商品です

最大3,000台のアクセスポイントを一括管理

無線LANの一括設定や、障害対応が容易にできます

本商品は、総務省の『平成30年度公衆無線LAN環境整備支援事業』に係る補助金交付の無線LAN機器要件に必要な災害発生時に無線アクセスポイントを開放する「緊急時モード」への切り替え機能を備えています

保証期間:本商品の販売終了後5年間

ネットワーク管理ソフトウェア

WLS-ADT

¥19,800(税抜)

最大3,000台のアクセスポイントを一括管理 ※1

無線LANの一括設定や、障害対応が容易にできます

管理機器を最大5台までサポートするバンドル版保守パック付属 ※2

※1. 管理台数分の保守サポートパックの購入が必要です。
※2. 管理機器が6台以上または、2年目以降のサポート継続をご希望の場合は、保守サポートパックの購入が別途必要です。

保守サポートパック ※購入日より1年間

メール・電話で技術サポート。管理機器の台数に合わせて、選べるラインナップ

1~10台 WLS-ADT-SP1Y/10

¥14,800(税抜)

11~100台 WLS-ADT-SP1Y/100

¥49,800(税抜)

101~300台 WLS-ADT-SP1Y/300

¥128,000(税抜)


※商品の利用方法に関してはサポートセンターにお問合せください。