対応しているRAIDモードについて

公開日:

更新日:

ID: 3818

Q

対応しているRAIDモードについて

A

「●」は商品出荷時のモードになります。
各モードをクリックすると、特長を確認することができます。
シリーズ名をクリックすると、商品ページを確認することができます。

Linuxベース

シリーズ名 RAIDモード
RAID60 RAID61 RAID6 RAID50 RAID51 RAID5 RAID10 RAID1 RAID0
TS51210RH
TS5810DN
TS5800D
TS5800DN
TS5610DN
TS5600D
TS5600DN
TS5410DN
TS5410RN
TS5400D
TS5400DN
TS5400DH
TS5400DWR
TS5400R
TS5400RH
TS5400RN
TS5210DF
TS5210DN
TS5200D
TS5200DN
TS3410DN
TS3410RN
TS3210DN
TS3200D
TS3200DN
TS3400D
TS3400DN
TS3400R
TS3400RN
TS1400D
TS-2RZH
TS-2RZS
TS-8VHL/R6
TS-6VHL/R6
TS-QVHL/R6
TS-WVHL/R1
TS-RVHL/R6
TS-XHL/R6
TS-XL/R5
TS-XEL/R5
TS-RXL/R5
TS-WXL/R1
シリーズ名 RAID60 RAID61 RAID6 RAID50 RAID51 RAID5 RAID10 RAID1 RAID0
RAIDモード

Windows Storage Server

シリーズ名 RAIDモード
RAID60 RAID61 RAID6 RAID50 RAID51 RAID5 RAID10 RAID1 RAID0
WS5600D
WS5600DNS2
WS5600DNS6
WS5600DSR2
WS5420DN6
WS5420RN6
WS5400D
WS5400DNS2
WS5400DNS6
WS5400DNW2
WS5400DNW6
WS5400DWR2
WS5400R
WS5400RNW2
WS5400RNW6
WS5400RNS2
WS5400RNS6
WS5400RSR2
WS5400RWE
WS5400RWR2
WS5220DN6
WS5200D
WS5200DNW2
WS5200DNW6
WS5200DWR2
WSH5411DN6
WSH5610DNS2
WSH5610DNS6
WS-6VL/R5
WS-QVL/R5
WS-QVL/R5SE
WS-RVL/R5
WS-RVL/R5WE
WS-WVL/R1

RAID 60

偶数台のハードディスクを1つのアレイとして使用します。RAID 6モードのアレイをRAID0として構成しています。パリティ(誤り訂正符号)を生成しながら書き込むのでアクセス速度は少し遅くなります。使用できる容量は、「(使用する台数÷2-2)×2」となります。

RAID 61

偶数台のハードディスクを1つのアレイとして使用します。RAID 6モードのアレイをRAID1として構成しています。パリティ(誤り訂正符号)を生成しながら書き込むのでアクセス速度は少し遅くなります。使用できる容量は、「使用する台数÷2-2」となります。

RAID 6

4台以上のハードディスクを1つのアレイとして使用します。パリティ(誤り訂正符号)を生成しながら書き込むのでアクセス速度は少し遅くなります。使用できる容量は、使用するハードディスクから 2 台分除いた台数の容量となります。
RAID アレイの中のハードディスク2台が破損してもハードディスクを交換すればデータを復旧できます(3台以上故障したときは復旧できません)。

RAID 50

偶数台のハードディスクを1つのアレイとして使用します。RAID 5モードのアレイ2つをRAID 0として構成しています。パリティ(誤り訂正符号)を生成しながら書き込むのでアクセス速度は少し遅くなります。使用できる容量は、「(使用する台数÷2-1)×2」となります。

RAID 51

偶数台のハードディスクを1つのアレイとして使用します。RAID 5モードのアレイ2つをRAID 1として構成しています。パリティ(誤り訂正符号)を生成しながら書き込むのでアクセス速度は少し遅くなります。使用できる容量は、「使用する台数÷2-1」となります。

RAID 5

3台以上のハードディスクを1つのアレイとして使用します。パリティ(誤り訂正符号)を生成しながら書き込むのでアクセス速度は少し遅くなります。使用できる容量は、使用するハードディスクから1台除いた台数の容量となります。
RAID アレイの中のハードディスク1台が破損してもハードディスクを交換すればデータを復旧できます(2台以上故障したときは復旧できません)。

RAID 10

偶数台のハードディスクを1つのアレイとして使用します。使用できる容量は、2 台分の容量となります。分散して書き込みを行うのでアクセス速度が少し速くなります。同じデータを複数のハードディスクに同時に書き込んでいるので、一つのハードディスクが破損してもハードディスクを交換すればデータを復旧できます。

RAID 1

2台以上のハードディスクを1つのアレイとして使用します。使用できる容量は、1 台分の容量となります。同じデータを複数ハードディスクに同時に書き込んでいるので構成するハードディスクが破損してもハードディスクを交換すればデータを復旧できます( アレイを構成するハードディスク全てが破損した場合はデータを復旧することはできません)。

RAID 0

TeraStation に内蔵されているハードディスクのうち、任意の台数をまとめて1つのアレイとして使用します。使用できる容量は、使用したハードディスクの合計台数の容量となります。分散して書き込みを行うのでアクセス速度が少し速くなります。ハードディスクが破損した場合、データを復旧することはできません。

このご質問の対象となる商品・OS・接続機器を表示

商品

OS・接続機器

メルコ ID を登録

商品をお持ちのお客様は、ユーザー登録をすることで、
重要なお知らせや最新情報をお届けするほか、より簡単に各種サービスをご利用いただけます。