システム管理者必見 USBメモリーに潜むリスクと対策

危険!

その油断が命取り。USBメモリーを取り巻くリスク

USBメモリーを業務に使うユーザーが感じるリスクについてのアンケート

USBメモリーは、小さいボディーに高速大容量のデータを入れて手軽に持ち運びできる携帯性の高いストレージで、仕事上のデータ移送にも重宝します。
その反面、USBメモリーの普及と比例し、USBメモリーを媒介としたウイルス感染や紛失・盗難による情報漏洩は増加しており、損害の出たケースも報告されています。

最悪の場合、社会的な信頼を失うだけでなく、損害賠償に発展することもあります。

知らぬ間に加害者に
人+USBメモリーがウイルス感染の原因


海外工場ではオフライン端末にUSBメモリー経由でウイルスに感染するケースが多発。
しかし、工程上USBポートを物理的にふさぐことができないため、物理的な対策ができない状況になっています。
そのような状況で、制御端末にウイルス感染が発生しました。

機密情報の入ったUSBメモリーを紛失。
USBメモリーが企業存続の危機を招く!?


生徒30名の調査書、通知票、生徒名簿、電話連絡網、職員の住所録の入ったUSBメモリーを紛失。
教育委員会のホームページで事故の状況と被害規模が明らかにされるとともに、該当する生徒の保護者に対して教員や学校関係者が家庭訪問などを行い事故の説明と謝罪を行いました。

セキュリティーUSBメモリーを効率的に管理

USBメモリー1台ごとのセキュリティー対策や管理を行うことは、管理者にとって大きな負担になります。
USBメモリー設定管理設定ソフトウェア「SecureLockManager」と対応するセキュリティーUSBメモリーで強固なセキュリティー対策と効率的な管理による管理者の負担軽減をご提案しています。

商品ラインナップ

セキュリティーUSBメモリー

機密情報の漏洩、ウイルス感染を防ぐ、安心のセキュリティーUSBメモリー。
ウイルス感染防止や情報漏洩防止など目的に合わせて選べる豊富なラインナップ。

ウイルスパターン更新ライセンス延長パック

ウイルスパターンファイルの自動更新機能を1年間延長するライセンス延長パック

管理システム SecureLock Manager

システム管理者の負担を軽減するセキュリティーUSBメモリー設定管理ソフトウェア


※商品の利用方法に関してはサポートセンターにお問合せください。